KENTOKU

Blog

ブログ

群馬県 気密測定 注文住宅「ゼロ styleα」

 只今中之条町で新築工事をおこなっている現場で先日、中間の気密測定を実施いたしました。

本来、高断熱高気密と謳っているのなら、気密測定を実施しC値〇〇㎠/㎡と公表しなければいけません。

C値とは、その建物の面積に対してすき間がどの位あるのかを表した数値なのです。

簡単な数値の見方は「数字が小さければ小さい程気密性能」が良いのです

例えば、延床面積100㎡で測定結果がC値1.5 ㎠/㎡ だとすると、建物全体のスキマは150㎠でおおむねハガキ1枚部あるという事です。

気密測定器

この機械で測定します

こんな大切なことを、残念ながら大手ハウスメーカーや地場の工務店のほとんどが実施していないのです。

もちろん、ちゃんと実施している工務店も存在しますが、現状は少ないようです。

ボード気密
サッシに両面テープ 配管役物
配管役物

上記の1枚目はすき間が無いように全方向に専用のテープで気密処理を行い、2枚目はサッシと断熱材の取り合いに両面ブチルテープをします。

これで気密を確保でき、後の施工のタイベックシートが貼られ防水もかねています。弊社は更に・・・。

配管役物は誰でも均一な施工が出来る用に専用部材を使用し気密の確保を行っています。

作業者によってバラツキ
防水・気密が困難

上記は良くない施工方法ですが、良く見られる光景だと思います。

話がそれてしまいそうなので、戻しますが今回のouchiはC値0.15 ㎠/㎡ で繰り上げし0.2 ㎠/㎡ になります。

C値1.0 ㎠/㎡ 未満は高気密住宅と言っても問題ないのですが、0.2 ㎠/㎡ 。凄く良い結果になりました。

誤解内容に言いますが、巷で行われているC値競争は興味が有りませんので行っていません。

数値ばかり追いかければ、あなたの負担が増加するだけです。

コーキング、テープ、監理・施工代等等。

当たり前の事を、普通に実施すれば自ずと結果は付いてくるのです。くるはず!

2022/06/01  | ブログ,性能,日記,現場施工

群馬県 シロアリ無料点検  駆除 予防 羽アリ

 群馬県でもGW明けから羽アリの発見情報が、来始めました。

まずシロアリを発見しましたら、写真をとりよく観察してください。

簡単な区別の仕方は大きく分けて3点です。

1つ目は体のくびれを見て頭部と尻部にくびれが有れば普通のアリです。

2つ目は羽アリの羽を見て、前後2枚ずつ大きさが違えば黒ありですが、4枚ほぼ一緒なら、シロアリの可能性大です。

3つ目は触覚でくの字型なら黒あり。数珠玉状ならシロアリです。

また、群馬県での生息は、まだ私自身は未確認ですが、茶色系の上記該当はイエシロアリの可能性が高く、ヤマトシロアリが群馬県で生息しています。

見分けるポイントは黒色で体の一部が黄色になります。

冒頭の写真をお取り下さいと言ったのは、後で日本シロアリ対策協会の会員が見れば判断できるからです。

決して量販店などで購入した殺虫剤を使用しないでください。

なぜかと言いますと、その場だけになるからです。シロアリは女王ありを駆除しないと意味がなく、危険を感知してコロニー(巣)が移動して被害が大きくなってしまうからです。

弊社が使用する薬剤はペットや子供にも優しい薬剤でシロアリの体に付着し、そのシロアリがコロニー(巣)に戻り伝染病を起こさせコロニー(巣)事退治するです。

しかし、大切なお家を守るのは、予防が一番です。

既存の建物に効果が長く続く

eことアル工法 おすすめ致します

さて、本題ですが、日本シロアリ対策協会、通称「白対協」の会員であります弊社はご連絡頂ければ、無料にて床下点検を実施いたしております。

点検をしたからと言って無理な勧誘は一切行いません。

まずはご連絡ください。

これ以上被害が進まない為に、ouchiドックは必要です。

2022/05/19  | シロアリ,ブログ

2022年度 住宅支援制度

住宅ローン減税

住宅ローンを利用して新築・取得・リフォームをした場合、住宅ローンの年末残高の一定割合が所得税から控除されます。

今年度から大幅な改正がされ、省エネ基準に適合していない、その他の住宅は金額が少なくなっています。

高い省エネルギー性能を持つことで、減税額もUPいたします。

こどもみらい住宅支援事業

今年度の目玉の政策の一つになります。

子育て世帯・若者夫婦世帯は高い省エネ性能を持つ新築住宅の取得、全ての世帯を対象とする住宅の省エネリフォームに対した補助がもらえます。

地域型住宅グリーン化事業

流通業者や工務店などがグループを作り、国交省が耐久性や省エネルギー性能を加味した「地域型住宅」の共通ルールを作り、採択されたグループが補助を受けられ、そのグループ内で配分が決まります。

今年度も加算措置が追加され、大きな補助額になります。

注意が必要なのは、上記のこどもみらい住宅支援事業と併用不可と配分が先着又は抽選になる場合がありますのでご理解下さい。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

性能向上リフォームをお考えのお客様はぜひご利用ください。

最大で250万の補助額になります。

ネット・ゼロ・エネルギーハウスの実証支援/ZEH+

経産省行っています、ZEH+は定額105万/戸

LCCM住宅整備推進事業

CO2を削減し長寿命化によりライフサイクル全体のCO2排出量をマイナスにする「LCCM住宅」ライフサイクルカーボンマイナス。

補助限度額140万/戸。以下の費用の合計額の1/2

設計費及び建設工事等における補助対象工事のかかり増し費用

今回の大まかな支援制度の一例をあげました。

事業項目によっては内容が変更になる場合や予算が終了している場合がございますので、ご検討中の方は良くご確認下さいませ。

2022/05/17  | ブログ,日記

「新住協」入会しました Q1住宅

「新住協」とは、正式名称 一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会の略称です。

木造住宅の技術をオープン工法として、高断熱高気密を基本性能とした住宅技術開発団体になります。

なぜ、今になって入会したかと申しますと、今まではソーラーサーキット工法で外張断熱は熟知していたのですが、今後の高断熱化が進む中、付加断熱(充填断熱)も必要不可欠になります。

弊社は昔からグラスウール施工も承っておりますので、技術的には問題ないのですが、弊社の思い込みやおごりを見つけて改善すべく入会しました。

協会の技術発信はもちろんですが、全国の同じ志を持った方々と交流をもち、お互いの知識や情報を共有しさらなる愛着のわく住みやすい家を造って行きたいのです。

https://shinjukyo.gr.jp/
2022/05/11  | ブログ,性能向上リノベ,日記,現場施工