KENTOKU

Blog

ブログ

耐力壁  群馬県 沼田市 注文住宅 耐震等級3 現場管理


[だから 高性能]

現在、注文住宅のソーラーサーキットのお家を群馬県中之条町で新築工事を行っていますが、今回より外回りの耐力壁を筋交いから面材に使用変更致しました。

 

 その理由は、一言で言えば構造の強度を高める事が出来るからです。2018年3月に告示が改正され倍率4.3になりました。

NODA カタログ抜粋

 面全体で受け止めるので、変形しづらく、粘り強くなりますので、剛性が強いんです。

 そして施工性に優れ、気密性も高められます。

NODA カタログ抜粋

 では、なぜ今まで使用していなかった?と疑問に感じますよね。理由は釘のめり込みの管理が大変と言う事です。

 現在の大工さんはエアーで打てる釘鉄砲と言う道具を使用しています。空気の量を任意で調整して打ち込み強さを決めるのですが、打ち込まれる側の構造材の影響で場所によっては深さがまちまちになるのです。

NODA カタログ抜粋

 許容範囲が僅か2㎜ですので、パンパン勢い良く打っていれば、必ず2㎜以上になります。そうなるとせっかくの面材が意味しません。 

 弊社では、これを防ぐ為に、最後必ず金槌で叩く事を徹底させる事にしました。大工さん達は不満があったと思います。何せスピードが桁違いで遅くなりますので。(理解してくれる大工さん達が在籍してくれるのは大変ありがたいです。)

 どんなに気を付けても上の写真の様にめり込み過ぎが必ずあります。それを見つけて再度打ち込めばOKなのです。これが出来れば欠陥にはなりません。点検チェックが重要なのです。

 施工書通りの2㎜未満。今建たれてる方は、よく見た方が良いと思いますよ。

2022/04/15  | ブログ,性能,現場施工